ホーム / メールマガジン /

中小企業社長の性質

中小企業社長の性質

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
ある学者が中小企業の社長について、

以下のような性質があると述べています。

ご自分にどの程度当てはまるか、

確かめてみてください。^^



・他人から好かれたい、賞賛してほしいと思っており、

 それにかかわらず自己を批判する傾向にある



・弱みを持っているときでも、

 それを普段は克服することができる



・外見的には規律正しく自制的だが、

 内心ではくよくよしたり不安になる傾向がある



・正しい判断や正しい行動をしたのかどうか

 真剣な疑問を持つときがある



・ある程度の変化や多様性を好み、

 制約や限界に直面したときには不満を抱く



・独自の考えを持っていることを誇りに思い、

 十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはない



・他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも

 賢明でないことにも気付いている



・外向的・社交的で愛想がよいときもあるが、

 その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもある



・願望にはやや非現実的な傾向のものもある



いかがですか?

かなりの項目が当てはまったのではないでしょうか。^^



でも実はこれ、

アメリカの心理学者が作った作文です。



学生たちに自分がこの作文にどの程度当てはまるかを

0(まったく異なる)から5(非常に正確)で評価させたところ、

その時の平均点は4.26だったそうです。

つまり、誰もが自分をこう思っている。(笑



これは、曖昧で一般的な性格をあらわす内容を、

自分だけに当てはまるものだと捉えてしまう心理学の現象で、

バーナム効果といいます。



私のメルマガの感想でも、

「私のことを書いているんですね?」

というメッセージをいただくことがありますが、

それは心理学の現象です。(笑



占い師や詐欺師のよくある手口ですが、

相手に「私のことがよくわかっている!」と思わせることで、

セールスの現場でも使えます。



反対に、売り込みをかけてきた営業さんが、

誰にでも当てはまることを言っている場合は、

ちょっと冷静になるのもいいかもしれません。^^



【質問】それって、誰にでも当てはまりませんか?



バーナム効果です。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました