ホーム / メールマガジン /

中身をいっさい変えずに値上げする方法

中身をいっさい変えずに値上げする方法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

あなたは商品の中身をいっさい変えずに、

値上げする方法を知っていますか?

今日だけこっそり教えてあげましょう。

それは、、、

値段を変えることです。(笑

私が最初に売り出した『旅費規程活用マニュアル』は、

これまでこんな感じで値上げをしてきました。

2011年01月 10,500円(税込)

2011年11月 15,750円(税込)

2012年02月 21,000円(税込)

2012年04月 29,800円(税込)

2014年05月 39,800円(税別)

2015年04月 49,800円(税別)

2016年07月 69,800円(税別)

2017年10月 79,800円(税別)

2018年11月 99,800円(税別)※旅費規程2.0に

価格は10倍になっていますが、

旅費規程2.0にバージョンアップするまでは、

中身はいっさい変えていません。^^

私の基本的な考え方としては、

売り出したばかりでたいしたマーケティング力もなく、

めちゃくちゃ怪しい私を信じて買ってくれた方には、

できるだけの恩返しをしたいと思っています。^^

値下げはこれまでに買ってくれた方に対する

裏切りなんですね。

だからじゃんじゃん値上げします。(笑

そのためには最初から値上げを前提に、

安くリリースする必要があります。

自分が思う価格で一番安くしておいて、

その値段でも売れないならば、

その商品にニーズはないことがわかりますよね。

でも中途半端に高い値付けをすると、

価格が高くて売れないのか、

商品に問題があるのかわからなくなります。

また値上げというのは最高の売り時です。

「今月いっぱいで値上げしますよー」と言えば、

「まだいいかな」と思っている人でも、

せっかくだからと買ってしまいます。

これはお客さんをコントロールをしているわけではなく、

それぞれのお客さんの必要なタイミングに、

背中を押してあげている感覚です。^^

なので、

「ネット上で商品を売り出したところで売れるかな?」

と思っている人は、

一番安い価格で売り出してみるといいでしょう。

まずは一つ、

ネット上の自動販売機オーナーになってみましょう。^^

【質問】いくらで、売りだしますか?

価格を征するものは、ビジネスを征す。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました