ホーム / メールマガジン /

二代目社長の悩み

二代目社長の悩み

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

製造業の社長をしている友人と、

飲みながら話をする機会がありました。

彼は数年前に受け継いだ2代目社長です。

彼の代になって念願の年商10億円を達成したのですが、

これからさらに20億、30億まで伸ばそうと考えると、

いまのままではどうにもならないと思っているそうです。

特にマネジメント面が弱く、

財務的な管理者を欲しているとのことで、

いい人がいないかと聞かれました。

なかなか難しいですよね。。

私のイメージではこんな人。

・年商100億企業の元経理&財務部長

・経理マンとしては融通がきく方

・指示だけでなく手を動かせるタイプ

・仕組みがないところから作っていける人

うーん、こんな人、

いるわけがない。(笑

もしいたとして彼の会社に入社したならば、

きっと「社長&社員VSその人」という図式でモメて、

追い出されてしまうんだと思います。^^;

でも彼の会社もせっかくのそういう人を

使いこなせなかったという経験、

その人もダメダメ中小企業で

うまく活躍できなかったという経験を持って、

次のステップに進み2度目か3度目かで、

お互いがどこかでうまくいくようになればそれでいい。

そしてそういう人と出会うためには、

どんな人と出会いたいかを言語化して、

常に言い続けることです。

例えば商工会議所などの集まりで出会った社長に、

「一緒に仕組みを作っていけるような

 いい財務マンがいませんかねー?」

と笑顔で聞いてみる。

(どういう言葉なら伝わるかは常にブラッシュアップ)

こんな風に1年か2年聞き続ければ、

もしかしたらいい人に出会えるかもしれません。(笑

そしてもう一つした話は、

よく言えば彼は人たらしで、

金を使わずに人を使うのが上手いのですが、

わるく言えばシブチンです。(笑

彼の言い分は、

「相手の経験や実績にもなるから」ということで、

確かにそういう場面もあります。

でもこれから自社を伸ばそうという状況ならば、

堅実なシブチン的性格は控えめにして、

無駄金になってもいいから先に出していく度量を

持たないといけません。

「隗(カイ)より始めよ」ってやつですね。^^

私の昔のクライアントですが、

年商30億のころから年商100億を目標に動いていて、

社内システムや採用、人事、すべてを100億企業として

振る舞い金を使ってきました。

そして今は200億近くまで成長しています。

会社を維持縮小する場面なら、

出すのを抑える姿勢が堅実で好印象に見えます。

でも大きくしていく場面でセコいと思われたら

応援してもらえません。

社員にご祝儀を出すんだったら、

3万円じゃなくて5万円。(笑

内部にも外部にも、

あえて気前のいいところを見せていきましょう。^^

【質問】いい財務マン、いませんか?

でも固定給は、最初から高くしてはダメです。

このあたりは人材採用マニュアルで。(笑

       ↓

■ワンランク上の人材を採用する「人材採用マニュアル」
 https://採用支援.com/

この記事を共有する

コメントは締め切りました