ホーム / メールマガジン /

二流の大企業、一流の中小企業

二流の大企業、一流の中小企業

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

子供の頃は単純に、

大企業は皆一流だと思っていましたが、

最近はセコい大企業が増えている気がします。^^;

・広告と現物が違うのはよくありますが、

 プレス用と一般に販売する商品すら差を付けてくるマク●ナルド。

・低価格高品質でブランド作りをしてから、

 値段を釣り上げて品質を落とすユ●クロ。

・長期優良顧客から高く取り、

 乗り換え客からは何が何でも違約金を取ろうとする

 大手通信事業3社。

・従業員を酷使し、

 言うことを聞かなければ組織の力で徹底的に潰しにかかる

 マク●ナルド、ユ●クロ、ワ●ミ、ゼン●ョー、

 アリさんマークの引●社、A●Cマート・・・

 (ここは多すぎて上げきれません・・・)

こういう会社では働くことに誇りを持ちにくいでしょうし、

消費者としても避けざるをえませんので、

長期的、合理的に損だと思うのです。

でもそれは私が甘ちゃんなのですかね。。

株価は意外と高かったりします。

これがアベノミクス? ^^;

それとも短期的な配当を求める株主と、

自分の任期中だけ業績を上げればいい役員

の利害が一致した結果なのでしょうか。

これらの会社と比べると私が知る中小企業は

非常にクリーンです。

むしろクリーンすぎる!?(笑

もう少し、ワルさ、ズルさ、

したたかさを発揮してもいいのかなぁと

思うこともないではありません。^^;

あ、私の勝手な印象ですが、

セコいというのは下に対して強く出る感じで、

したたかというのは上に対してうまく立ち回るという感じですかね。

うーん、

今日のメルマガは大企業の悪口を書いただけの

タイトル負けということで。。^^;

【質問】セコからず、したたかですか?

長期的な得を、合理的に判断すれば、いいと思うのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました