ホーム / メールマガジン /

人に喜んでもらえる仕事がしたい?

人に喜んでもらえる仕事がしたい?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

中途社員の面接時などに、

「人に喜んでもらえる仕事がしたい」

という言葉を聞くことがあります。

まあたしかに、

お客さんと接する機会のない職場に勤めていたりすると、

そういう想いが出てくるのかもしれません。

でも私はそれを、

ちょっと危険な発想かなぁと、

思っています。

どういうことかというと、

自分の感情のあり方を

他人に依存してしまっているからです。

アドラー的に考えると、

自分は相手が喜ぶベストの行動をするけど、

それで相手がどう思うかどうかは相手の課題であり、

自分にはどうすることもできないということです。

この感覚が理解できると、

相手の感情に関係なく、

自分がベストを尽くしている限りにおいては、

自分は喜びの感情を得ることができます。

私はこのメルマガを、

読んでいただいている方に何かしらの気づきになるように

ベストを尽くしています。

もちろん感謝のメッセージをいただけるのは嬉しいですが、

メッセージがないからと言って、

「人に喜んでもらえる仕事がしたい」とは思いません。

また投資系の仕事をしている人も、

人に喜んでもらいたい症候群を発症しがちですね。^^;

『賭博堕天録カイジ』に登場する帝愛グループ会長の息子は、

ボンボン育ちで周囲からちやほやされながら育ったことから、

なんでも自分の思い通りになります。

だから危険なギャンブルをしたりしていますが、

親の威光が通用しない世界で勝負できる

小説を書いたりしています。

人に喜んでもらいたいのであれば、

小説のような人の感情に触れる媒体を発行するのは

たしかにいいですね。^^

まとめるとこんな感じ。

1.人のためにベストを尽くせることを自分の喜びにする

2.人が喜んでくれた時にフィードバックを得られる仕組みを持つ

自分の喜びの感情は先に自分で処理をして、

人の喜びの感情はおまけ程度に考えられると

いいかもしれません。

【質問】人に、喜んでもらいたいですか?

自分が、一番。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました