ホーム / メールマガジン /

人を変えるのは役割と環境

人を変えるのは役割と環境

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

人の性質はどのように決まるのでしょうか。

最近読んだ本によると、

人の性質は同心円の4つの層によって

形作られているそうです。

頭の中で4重の円を書いて、

一番内側から想像して読んでください。^^

・持って生まれた気質(変わらない)

 人を形作る人種や遺伝などコアの部分。

 変えることは出来ないが、

 その後の形成の仕方によっては

 一番見えにくくもなる。

・幼少期に形成された性格(変わりにくい)

 言葉を覚えるまでの幼少期に、

 養育者から受けた愛情が大きく左右する。

 大人になってから変えることは困難。

・環境による性格(変わりやすい)

 住んでいる国や地域から得る性格。

 暗い仲間といれば暗くなるし、

 明るい仲間といれば明るくなる。

 できるだけいい環境に身を置くこと。

・役割による性格(コロコロ変わる)

 社長なら社長らしく振舞い、

 家に帰れば父親(母親)らしく振舞う。

 時と場合によって使い分けが可能であり、

 本音と違っていることも多い。(笑

なかなか面白い理解の仕方ですよね。^^

同じ両親から生まれ同じ養育を受けた兄弟でも、

ぜんぜん違う性質になることがよくあります。

それは持って生まれた気質が違うから。

そのため会社においては、

社員の「持って生まれた気質」「幼少期に形成された性格」

は変えようがありません。

だったら一番変わりやすい

「役割による性格」から利用したらどうでしょうか? ^^

例えば、社員が勉強しない風土の会社だったら、

順番で社内研修の講師をさせたりします。

講師という役割を与えられれば、

自ら勉強して準備せざるを得ませんよね。^^

他にも、挨拶をしない風土の会社だったら、

いちばん挨拶をしない社員を挨拶委員長に任命して、

どうすれば皆が挨拶をするようになるか考えてもらいます。

そうして周りの人たちが続々と、

社内研修の講師をしたり(させられたり・笑)、

挨拶をするようになれば、

今度は「環境による性格」が変わります。^^

人には変えられる部分と変えられない部分がある、

人を変えたければ役割と環境を変えてみよう、

というお話しでした。^^

【質問】誰にどんな役割を、与えますか?

社員を変えたければ、

社長が変わる姿を見せるのが一番なんですけどね。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました