ホーム / メールマガジン /

人数換算する

人数換算する

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

経営者はどうしても売上の金額が気になります。

日商、月商、年商がいくらなのか。

でも売上の金額を人数換算することで、

数字に血が通い始めます。

例えば現在年商3億円の会社が、

2年後に年商5億になろうと目標を立てた場合。

あと2億円を積み上げるぞ、というよりも、

仮にお客さん一人あたりの年間購買金額が10万円ならば、

あと2000人のお客さんを(自社商品)で幸せにするぞ、

というようにです。

もちろん、アクションプランにする途中で、

このような計算はしているでしょう。

しかしポイントはまだ見ぬ2000人の人たちが、

自社との出会いを待ってくれていることを

強く実感することです。

2000人の人たちは高い壁の向こうで

自社が来るのを大きな声を上げて応援してくれています。

でもその声は高い壁に阻まれ届きません。

自社がその目標を達成するならば、

壁の向こうに確実にあるその声を感じること。

なんだか勇気が湧いてきませんか?

【質問】その売上は何人の人を幸せにしているのですか?

ビジネスは売上を追うことではなく、

お客さんを幸せにするための仕組みです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました