ホーム / メールマガジン /

人生には3人の友人が必要

人生には3人の友人が必要

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
アメリカには次のようなことわざ(?)があるそうです。


『人生には3人の友人が必要である。

 医者、弁護士、そして古書店主である』



どうして古書店主なのかわかりませんが、

お勧めの本を教えてくれるってことですかね?(笑



ちなみに古書店主のところは、

紹介者の都合に合わせて証券マンだったりFPだったり、

いろいろ変わるようです。(笑



いまの私の実感として言い換えるなら、

こうなります。


『人生には3人の友人が必要である。

 弁護士、税理士、そして損保マンである』



実はつい最近までビジネス系のトラブルで、

弁護士さんのお世話になっていました。^^;

それはまたいずれかの機会に書くとして、、、



あと会社経営者にとって税理士の友人は必須ですね。

しかもただの事務代行ではなく、

変態的にキレッキレの人がいいですね。^^

それもまたいずれかの機会に書くとして、、、(笑



今日、書きたかったのは、

キレッキレの損保マンの話です。(笑



中小企業社長にとって、

生保マンは身近な存在ですが、

損保マンについてはあまり気にしていないのでは

ないでしょうか。



でも実は、

キレッキレの損保マンの友人がいると、

日常生活の安心感が飛躍的に向上します。^^



例えば日常生活で、

こんなことって普通にありますよね?


・お皿を落として割ってしまった

・テレビを倒して壊してしまった

・ノートパソコンにコーヒーをこぼしてしまった

・子供が吐いてソファーを汚してしまった

・通勤中に転んでスーツに穴をあけてしまった

・旅行中にビデオカメラを落として壊してしまった

・台風で自宅の雨どいが外れてしまった



こういったトラブルで、

あなたが何も知らずに泣き寝入りをしていたら、

キレッキレの損保マンの友人が必要です。



キレッキレの損保マンの手にかかれば、

これらはみーんな綺麗に新品になってしまいます。(笑

私もこれまで何度助けられたことか。。



でもキレッキレの損保マンの友人といっても、

相性やご縁の問題もありますし、

自分の都合だけでタイミング良く相手が

現れることは難しいでしょう。



だからといって、

田島一人だけでこの恩恵を受けるのも、

何か違うなぁと。



そう考えた田島は、

いま私が恩恵を受けている火災保険の活用について、

キレッキレの損保マンの友人に監修してもらい

『火災保険活用マニュアル』を作りました。



このマニュアルは、

すごいです。^^



多くの人にとって火災保険というのは、

ただの出費であり、

できるだけ安くしたいものですよね。



でもこのマニュアルを読めば、

たとえ支払う保険料が多少高くなったとしても、

保険の機能をしっかり活用して、

保険料以上の元を取るものと考えが変わるはずです。^^



今週木曜日に発売しますので、

キレッキレの損保活用マニュアルとして

ぜひ手に入れてください。^^



木曜と金曜の2日間だけ、

新発売特別価格で販売しますので、

お見逃しなく。^^



【質問】火災保険、活用していますか?



日常生活の、強い味方です。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました