ホーム / メールマガジン /

今日はこれだけ

今日はこれだけ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「田島さんていったいどれだけ仕事してるんですか?」

と聞かれることがあります。

朝から晩までめちゃくちゃ働いているように思われているようなのですが、

全然そんなことありません。

まあそんなに力一杯言うことではないのですが。。^^;

なかなか仕事が捗らない、という人を見ていると、

1日の中にものすごい量のタスクを詰め込んでいる場合があります。

朝5時に起きてあれをやってこれをやって、

10時からはなんとかの打ち合わせで、

昼からは誰さんとランチミーティングで、

13時からはなんとかプロジェクトのスカイプミーティングで・・・

うーん、書いているだけで疲れます。(笑

もし毎日これだけ精力的に動いているならば、

少なくとも年収で数千万円レベルの付加価値を上げていなければ、

何かを大幅に間違えているように思えます。

でも実は、きちんと仕事が完了していることは少なくて、

積み残し積み残しでスライドして、

いつしかタスクリストから消えてゆく・・・、

というパターンが多くないでしょうか。

私もタスクリストを眺めると、

あれをやりたいこれをやりたいとたくさん出てきて、

ついついスケジュール表に書き込みたくなりますが、

どうせやりきれないことをスケジュールには入れません。

だからスケジュール表はわりとスカスカ。(笑

例えば1月27日の商工会議所のセミナー準備ですが、

8時間くらいで完成する見積もりですが、

それを1日や2日でやろうとは思いません。

集中力が出るのはいいところ1日のうち1時間半か2時間なので、

4日か5日かけて完成させる予定です。

それ以外は集中力が必要な仕事はできるだけ入れません。

「あれもこれも全部やろう」ではなく、

「今日はこれだけをやろう」と決めた方が、

結果的に捗りますし、満足度の高い仕事ができます。

ちなみにこのメルマガを書いていても、

5分くらい行き詰ったら放り投げます。(笑

で、他のことをしばらくして頭がリセットしたら、

また取り掛かります。

これも時間の余裕があればこそ、ですよね。

そのためには一度の仕事を二度三度と

美味しく使うことを心がけること。

社員へ指導をしたのなら言いっ放しではもったいないです。

言われたことをレポートに書かせて添削すれば、

立派な業務マニュアル、教育教材になります。

お客さんへの提案書だって、

使い回しができることを頭の隅に置きながら作ります。

仕事のための仕事はちょっとだけにしておいて、

本当にやりたいことをやるために時間を使うのです。

【質問】仕事、詰め込みすぎていませんか?

忙しさに逃げちゃあ、いけません。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました