ホーム / メールマガジン /

他人は皆底辺?

他人は皆底辺?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ある会社が業績目標を達成した社員に

200万円の特別ボーナスを支給するとします。

その時に次の3つの伝え方があります。

1)欲望

 この200万円で、

 あなたがずっと欲しいと思っていた車や

 住宅リフォームの頭金が手に入ります。

2)安心

 銀行口座にこの200万円があれば、

 いざという時にどれだけ安心感があるでしょう。

3)自尊心

 あなたが会社の業績にどれだけ重要な役割を果たし、

 それを会社がどう評価しているか、

 この200万円の意味を考えればわかるでしょう。

どのように言われるのが一番惹かれるかを尋ねると、

たいていの人は3番目と答えます。

使い道や貯金の意味はわざわざ言われなくても

わかっているからです。

でも、自分ではなく、他人を惹きつけるには

どれが最も効果的かと尋ねると、

1番目が最も多く、次いで2番目でした。

つまり自分を動機づけるのは自尊心だけど、

他人を動機づけるのは欲望、安心だと、

人は勝手に決め付ける傾向にあるようです。^^;

マズローの五段階欲求階層説では、

欲望や安心は低次の欲求、

自尊心は高次の欲求に位置付けられています。(やや意訳)

これは多くの会社でやってしまいそうですね。^^;

せっかく特別ボーナスを支給するのであれば、

欲望や安心を満たすためのツールとしてのお金ではなく、

自己重要度を上げるためのツールとしての

お金の渡し方を考えましょう。^^

【質問】社員への報酬に、どんな意味づけをしていますか?

嫌な仕事の我慢代、では面白くないですよね。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました