仮想通貨はどこまで上がる? | 中小企業コンサルティング ゆるビジ☆
ホーム / メールマガジン /

仮想通貨はどこまで上がる?

仮想通貨はどこまで上がる?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
仮想通貨、

上がっていますね。



ビットコインが600万円まで上がって、

いったん調整で450万円まで下げて、

今は550万円くらいです。



私も2年前に買った仮想通貨が、

一時10分の1まで下げましたが、

ようやく戻ってきたところです。^^;



仮想通貨を持っている人、

これから始めようかと思っている人は、

どこまで上がるのか気になりますよね。



ただここで勘違いしてはいけないのは、

仮想通貨は運が良ければ上がって、

運が悪ければ下がるという、

丁半博打ではないということです。



仮想通貨は世界に2,000以上

あると言われていますが、

日本で買えるのは13種類らしいです。



で、それぞれの通貨には、

特徴というか実現したい未来があります。



例えば一番有名なビットコインは、

管理者がおらず発行上限が決まっているのが

特徴です。



いまは各国の中央銀行が

お金をじゃぶじゃぶ刷っているから、

通貨の価値がどんどん下がっています。



だから発行上限が決まっている

ビットコインが買われているという

側面もあるようです。



ビットコインは一昔前の

金(=ゴールド)みたいなイメージですね。

だからデジタルゴールドなんて呼ばれたりします。



二番手のイーサリアムは、

主にアプリケーションのプラットフォームで

使われるコインです。



違うかもしれませんが、

今はネットで何か注文すると、

カード番号を入力する必要がありますが、

注文=決済=手配がシステム上で完結する

ようなイメージです。



こんなものではなくもっと素晴らしい

使い方は議論の最中ですが、

10〜20年(もしかしたら3〜5年)後には、

サービス情報と決済のインフラになっているかもしれません。



三番手のリップルは、

いろいろな通貨同士を接続するための

ブリッジ通貨としてのうんぬんかんぬん・・・(笑



というように仮想通貨は、

それぞれに特徴、実現したい未来がある

プロジェクトなのです。



だからよく調べてみて、

その特徴、実現したい未来を応援したいと

思えば買ってみればいい。



名前が好きとか、

なんとなく上がりそうとかで買うと、

乱高下に耐えられずに損をします。(笑



まあこのあたりは株式投資でも同じですね。

金額の上下を見るのではなく、

将来性と今の価格の乖離を見ること。



将来性と比べて、

今の価格が安ければ買えばいいし、

反対に高ければ売ればいい。



今の仮想通貨は、

20年前のインターネットの導入期に

あたるかもしれません。



【質問】仮想通貨、買いますか?(笑



買い増しする勇気は、ないなぁ。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました