ホーム / メールマガジン /

会社の仕事の4つの切り口

会社の仕事の4つの切り口

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

会社の仕事は、

「マーケティング」と「マネジメント」

の2つに分けて考えることができます。

マーケティングは商品を設計し、

お客さんを集め、販売するなど、

お客さんと接し、売上に関わること。

マネジメントはそれ以外の全て。

効率的で高品質な商品の提供、

仕入先の開拓、人材採用や教育、評価、

契約、経理、節税などなど。

会社の規模が大きくなればなるほど、

マネジメントの割合が上がってゆきます。

だから大企業はマネジメントの塊といっていいでしょう。

反対に私のようなマイクロ企業は、

マーケティングオンリーの社長が多いですね。

でもマネジメントが弱いままに売上を上げ続けると、

しっぺ返しを喰らいます。^^;

さらに、

「マーケティング」と「マネジメント」

の中でも2つに分けて考えます。

「ルーチンワーク」と「新しい仕事」です。

新しい仕事?!

なんかもっといい言葉ないですかね・・・?(笑

ルーチンワークは繰り返しおこなわれる定常作業のことで、

例えば決められたテレアポの電話をかけ続けるのは

ルーチンワークです。

でもテレアポの原稿を作ったり、

改良したりするのは新しい仕事です。

マネジメントでは

人事制度を作るとか改善するとか、

旅費規程を導入するとかは新しい仕事です。^^

     ↓

■旅費規程活用マニュアル
 http://旅費規程.com/

ルーチンワークばかりで新しい仕事をしなければ、

会社は必ず停滞してゆきます。

毎日のあなたの仕事は、

次の4つのうちどのウェイトが大きいか、

確認してみましょう。^^

1.マーケティング × 新しい仕事

2.マーケティング × ルーチンワーク

3.マネジメント  × 新しい仕事

4.マネジメント  × ルーチンワーク

【質問】新しい仕事は、どの程度していますか?

バランスを、意識しましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました