ホーム / メールマガジン /

住宅に関する節税法

住宅に関する節税法

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

タワマン節税って知っていますか?

高層マンションの固定資産税評価額は、

狭い敷地にたくさんの住戸があり1戸あたりの敷地権が小さいため、

実際の購入価格に比べてかなり低くなります。

さらに固定資産税評価額は所在地と床面積で計算されるため、

床面積が同じなら高層階でも低層階でも変わりません。

これにより、

実際には1億円で売買されている高層階の相続税評価額が、

3千万円程度になる場合があるようです。

これを利用し相続税を圧縮する手法が

富裕層の間で広がりました。

これに対し政府与党は2018年以降、

20階建て以上の高層マンションについて、

高層階の固定資産税と相続税を引き上げることを

検討しているそうです。

うーん、

お金持ちはいろいろ考えますねぇ。(笑

でもお金持ちじゃないけど、

田島も少しは考えます。(笑

私が住んでいる物件の家賃は30万円なのですが、

借上社宅として入居しているため、

私個人の負担はなんと6,404円です。^^

これはどのように算出しているかというとコチラ、

国税庁のページです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2600.htm

1 役員に貸与する社宅が小規模な住宅である場合

 次の(1)から(3)の合計額が賃貸料相当額になります。

 (1) (その年度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%

 (2) 12円×(その建物の総床面積(平方メートル)/(3.3平方メートル))

 (3) (その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%

正直、なんだかよくわかりませんが、

これを厳密に計算した結果が6,404円なのです。^^

(シンプルに見えますが例外が多く正直かなり難しいです)

30万円の家賃を自分で払おうとすると、

所得税・住民税・社会保険を考えると、

その分だけで50万円くらいの月給が必要ですよね。

でも借上社宅制度を利用することで、

無駄な税金や社会保険料を支払わないで済むのです。

「無駄な」と言ってしまいましたが、

借上社宅制度って、公務員、大企業、外資系企業が

得意としているところであり、

知らぬは中小企業ばかりです。

公務員宿舎の賃料のデータを

ネットから引っ張ってみました。

■乃木坂駅より徒歩8分
 広 さ:3DK(79平米)
 賃 料:36,800円

■六本木1丁目駅より徒歩1分
 広 さ:2DK(50平米)
 賃 料:21,500円
 駐車場:6,850円(自走式屋内)

■赤坂見附駅より徒歩1分
 広 さ:3LDK(82平米)
 賃 料:92,000円(高級家具付き)
 駐車場:無料

一等地で激安ですよね。^^;

これらの金額も勝手に決めているのではなく、

法令通りに計算した結果なのでしょう。

社長の住居はもちろん、

社員さんに給料ではなく借上社宅制度を提供することで、

会社も社員もハッピーになるかもしれません。^^

詳しく知りたい方はこちら。^^

     ↓

■住宅規程活用マニュアル
 http://住宅規程.com/

【質問】住宅を使った節税法を、知っていますか?

官僚、政治家が実益を得ていると、潰されにくいですよね。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました