ホーム / メールマガジン /

価値と利益とサービスの形

価値と利益とサービスの形

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私は中小企業経営に役立つさまざまなマニュアルを販売していますが、

これはいわゆる「情報販売」ではなく、

コンサルティングの一部だと思っています。

お声がけいただく全ての企業さんに伺いたいのはやまやまですが、

私の身体は一つですし、私が伺うとどうしても費用が高くなるので、

今は、こういう方法を取っています。

マニュアル販売はコンサルティングで提供している結果の一部を、

より広く、より安価に広めるための方法の一つです。

こういったマニュアルから学べる方はそれでいいですし、

もっと詳しく直接田島から聞きたい、という方は

ちょっとお高くなりますがタイミングが合えばそれも可能です。

私の目的(ミッション)は「中小企業を元気にすること」です。

そのための方法はなんでも構わないと思っています。

そしてそれを持続、拡大させるための手段として

必要なコストをいただいています。

ドラッカー博士は利益のことをこう言っています。(やや意訳)

「利益は目的や動機ではない。

 事業を継続・発展させる明日のためのコストである」

そう、利益のために事業をしているのではありません。

でも利益がなければコストを賄うことも、

リスクに備えることもできません。

社会が必要とする財・サービスを提供できず、

人を雇用することもできません。

つまり、企業にとって利益を上げることは、

必要最低限の社会的責任なのです。

【質問】何のための、利益ですか?

お客様からしっかりと利益をいただける価値を生み出す会社になりましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました