ホーム / メールマガジン /

俺みたいになりたいだろうコンサルタント

俺みたいになりたいだろうコンサルタント

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私はいろいろな人の音声教材をよく聞きます。

やはりコンサルタント系の人が多いのですが、

有料、無料問わず移動中はだいたい聞いています。

でも聞いていると、たいていはイラっとしてきます。^^;

私は「俺みたいになりたいだろうコンサルタント」

と表現しているのですが、

「自分はこんなに稼いでいるよ。

 こんな凄い人と会っているよ。

 こんなところでご飯食べているよ。

 こんな僕みたいになりたいでしょう?

 だったらこの塾に入ってくださいねー」

というモデルですね。

もちろん素晴らしい教えをしている人もいますが、

話しの端々に「塾長である俺を超えることは許さないけどね」^^

という暗黙のプレッシャーが入っていたりします。^^;

新卒時から対企業の経営コンサルタントをしていた私は

次のように思っています。

そもそもクライアントの社長は私なんかよりよほど凄い人であり、

でもいくら凄くても完璧な人はいないし、

誰だって自分のことは見えなくなるものだから、

私のような未熟者でもお手伝いできることがある。

なので、もともと上の力量の人を下からサポートして、

その人が1%でもよくなれば素晴らしいことだと思っています。

でも「俺みたいになりたいだろうコンサルタント」さんは、

「自分が教えることが全てだから、他のことは学ばないでいい」

とまで言い切ったりします。

「すげー!どれだけクライアントの人生の責任を負えるんだよ」

と、私は思ったりするわけです。^^;

で、こういう関係は中小企業の中にもあります。

「会社が全て」という価値観ですね。

「会社のことだけやっていればいいんだよ。

 会社が終わったら真っすぐ帰って飯食って寝て、

 朝起きて出社して来い」と。

会社以外の世界を持たない社員ばかりの会社は

どんどん面白みが無くなってゆきます。

でも社員さんの人生全ての責任なんて持てませんよね。

社長には、社員さんの人生の幅を、

広げてあげて欲しいと思います。

目指すべきは社長の位置ではないはずです。

【質問】社長の位置が、目指してもらうゴールですか?

社長の位置よりもっと高いそれぞれのゴールを、見せてあげてください。

この記事を共有する

コメントは締め切りました