ホーム / メールマガジン /

優秀な社員が許せない?

優秀な社員が許せない?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社長よりも優秀な人材がどれだけいるか?

企業経営において一番重要なことです。

企画でも営業でも製造でも経理でも、

すべてにおいて社長が一番優秀であれば、

それは経営とは言えません。

社長とその商売をお手伝いしている人たちです。

企画ならA部長、営業ならB部長、製造ならC部長、経理ならD部長、

その部門の仕事において彼らは社長よりも優秀であり、

彼らが全力で仕事をしやすいようにサポートするのが社長の仕事。

これが組織であり経営です。

私の感覚では年商2億円くらいまでは全てにおいて社長がナンバー1です。

4~5億になると現場の長は社長よりわかるようになります。

7~8億近くなると営業の長が活躍できるようになります。

10~15億くらいになると開発の長が欲しくなります。

自分より優秀な存在を許せるかどうかは

すべて社長のマインドにかかっています。

社長が自分の存在価値を会社に置いてしまうと、

優秀な社員を許せなくなります。

社長と社員は同じミッション、ビジョンを見ていたとしても

まったく別の仕事です。

社員の人生を輝かせることが社長の本当の仕事です。

社員と張り合うことではありません。

最後に、鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれている言葉。

『ここに自分より優れた人々を集めるすべを知っていた男が眠る』

【質問】社長より優秀な部門長が何人いますか?

社長のリーダーシップを学べる最高の本です。^^

■1分間リーダーシップ
 http://yurui-business.com/1minuteleadership

この記事を共有する

コメントは締め切りました