ホーム / メールマガジン /

儲かるネーミング、儲からないネーミング

儲かるネーミング、儲からないネーミング

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

新しい商品の名前やキャッチコピーを決めるのに

悩むことってありませんか?

いくつか候補を作った場合に、

どの候補の反応が高いか、

短時間・低コストで、

客観的に判定する方法を見つけました。^^

この方法で判定すると、

だいたい私の思っている候補と違う方が

成績がよかったりします。^^;

ちなみにこの商品の名前は

「客観的ネーミングマニュアル」ですが、

商品名を考える段階で11個の候補がありました。

そして判定した結果のグラフを作ったのですが、

それは明日、公開します。^^

ちなみに「客観的ネーミングマニュアル」が5.88ポイント、

次いで「ネーミング客観的判定法」が4.76ポイントとなっています。

というわけで「客観的ネーミングマニュアル」に決まりました。^^

ちなみにこの結果が出るのにかかった時間は12時間、

費用は約千円です。

(もう少し時間と費用をかけても良かったと思っています。^^;)

この判定法で必ずいい結果を生むとは限りませんが、

それでも個人の好みや勘だけに頼るよりは有力な判断材料として

使うことができるでしょう。^^

この方法を設定編20分と判定編10分の2本の動画にまとめました。

シンプルな手法だけに、

ボリューム的にはかなり少ないです。(笑

ボリュームだけで考えると、

1万円でも高いと思うのですが、

でもそれくらいの金額だと、、、

教えたくないんです!(笑

だから(ボリュームの割に)、

ちょっと強気の値付けにします。^^;

でも、社長があーだこーだ悩んだり、

みんなで議論している時間が大幅に短縮できて、

好みではなくデータでわかるんだから安いものです。^^

ネーミングの失敗は後々まで響きますからね。

ただ、ひとつのノウハウだけですと、

知っていたとか自社では使えないとか、

ガッカリされると申し訳ないので、

オマケをつけます。^^

ちなみにオマケの方が、

ボリュームが大きいです。(笑

今年の4月に、神田さんの、

マーケティング白熱会議という

勉強会に参加してきました。

丸々2日間で参加費は10万円のかなり熱い会議なのですが、

その時に私がメモしたPDFファイル30ページと、

それをSkypeでシェアをした動画90分をオマケに付けます。

実はこれも販売したかったのですが、

人様のふんどしを商品にする気にならず、

お蔵入りになっていました。^^;

なので、

このオマケ自体にもそうとうな価値があります。(笑

気になる価格は明日の発売と同時に発表します。

なお、新発売キャンペーンで、

明日と明後日だけ特別価格で販売しますので、

お見逃しのないようにお願いします。^^

【質問】今の時点で、買う度は何%ですか?(笑

質問があったら、聞いてください。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました