ホーム / メールマガジン /

儲けたければ、マーケティング

儲けたければ、マーケティング

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

先週のメルマガで、

リマケについて書きました。

http://yurui-business.com/リマケ・リマケ・リマケ/

主にネット広告について書いたのですが、

他にも中小企業で使って欲しい手があります。

客先での施工や、

一点物の加工を商品としている企業の場合、

お客さんに自社の特徴を伝えるのに、

苦労しますよね。

経験のある営業部長クラスなら、

お客さんの事例に合わせて話すことができるのでしょうが、

若手の営業さんや普通のホームページだと、

十分に伝えきれないことがほとんどです。

そこでホームページに、

次のような仕組みを導入します。

*************

〜に強い○○の特殊加工技術

バーチャル工場見学ツアー

*************

例えばですがこのようなタイトルで、

メールアドレスを入力してもらうと、

工場見学の様子を動画で見ることができるようにします。

写真や文章では伝えにくいことでも、

動画なら伝えられますよね。

で、動画を見てすぐに問い合わせてくれればいいですが、

まあほんとんどは「いずれまた・・・」ということで

忘れ去られてゆきます。

でもメルアドさえ貰っていれば、

「こんなご要望をいただいてこうやって対応しました」

という情報を継続的に発信してゆけます。

(動画でアップできるとなおいいですね)

たまたまドンピシャの事例があれば刺さるかもしれませんし、

そうでなくても思い出し続けてもらうきっかけになります。

あと「お客さんの商品情報を紹介できない」と言われることもありますが、

断りもなくそのままじゃあ無理でしょうけど、

何度かやっているうちにその辺のノウハウもたまってゆきます。

正直なところ、

マーケティングってけっこう大変です。

でも会社経営はマーケティング5割、

マネジメント5割です。

詐欺会社はマーケティング9割ですが、

儲かっていない中小企業の場合、

マネジメント9割になっています。

マーケティングとは、

「自社の技術に喜んでお金を払ってくれる相手を見つけること」

と言うことができます。

そのためにまずは自社からの情報発信が不可欠ですよね。

お客さんから見て「何を知りたいのか」を、

継続的に発信してゆきましょう。

【質問】伝えたいことが、伝わっていますか?

儲からないのは、マーケティング不足なのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました