ホーム / メールマガジン /

儲・健・安・関・モ・美・時

儲・健・安・関・モ・美・時

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ビジネスで使いやすい、

人間の根源的な欲求があります。

儲:お金が儲かる

健:健康になれる

安:安心、安全に過ごせる

関:人間関係が良くなる

モ:モテる

美:美しくなる

時:時間ができる

まあ他にもあるかもしれませんが、

ぼちぼち考えてゆきます。^^;

何か商品を売ろうとした時に、

多くの人が最初から商品推しをしてしまいます。

でも欲求の前に商品を見せてはいけません。

例えば私が旅費規程活用マニュアルを売ろうとした時に、

「旅費規程、旅費規程!旅費規程?!!」とか言ったら、

ドン引きですよね?(笑

旅費規程の場合は「儲」ネタなので、

「税金、社会保険料の負担て重いですよねぇ・・・」

「いい方法あるんですけど興味あります?」と振ってから、

自分の売りたい商品を見せます。

もし壺を売りたいのなら、

「社員が辞めちゃってばかりで困りますよねぇ」

「いいモノあるんですけど興味あります?」と振ってから、

壺を見せます。(笑

壺はすべての欲求に対応可能な万能ツールですが、(笑

「欲求 → 商品」の間の合理性が薄くなればなるほど、

胡散臭く感じます。^^;

究極を言えば、

お客さんの欲求を満たせれば、

自分の商品は壺でもなんでもいいんです。(笑

自分の欲求(儲)を先に満たそうとするから、

なかなか売れないんだなぁ。^^;

【質問】お客さんのどの欲求を、満たしますか?

自分の商品(儲)は、後出しです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました