ホーム / メールマガジン /

共通の敵を設定すればいい?

共通の敵を設定すればいい?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
マーケティングの世界では、

共通の敵を設定することで、

商品が売りやすくなることは

よく知られています。



例えば私の商品では、

「税金の負担が重いのは、

 税務署が悪いから、

 税理士が悪いからです!」

と言ってしまうような。^^;



国レベルでも国内で不満が高まるたびに、

「自分たちが苦しいのはあの国のせいだ」

とやるのは定番ですよね。



他にも自社を上げるために、

同業他社を無意味に貶めたり、

見込み客が置かれた状況を逆撫でしたり。



でも当然ですがこれをやると、

敵に設定された側は怒りますし、

お客さんだっていい気はしません。



だから私のスタンスは、

社長が正しい税務申告をするお手伝いをして、

税務署も社長も税理士もみんなニッコリ、

という優しい世界を目指しています。^^



目指した上で、

実際どういう表現になるのかは

また別の話ですが。(笑



共通の敵を設定するのは簡単ですが、

思考をもう一歩前に進めて、

関係する全ての立場の人をリスペクトする視点を持てないか、

考えてみましょう。^^



【質問】その仕事に、リスペクトはありますか?



敵を、作らないのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました