ホーム / メールマガジン /

出張手当の本質

出張手当の本質

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

ある大手企業にお勤めの方と話をしていたら、

以前は出張の際に出張手当が出ていたそうですが、

経費削減ということで出張手当が廃止になったそうです。

それって経費削減じゃなくて、

ただの手取りダウンです。。

社員の生活費を削って営業利益を増やしているだけ。

出張手当の本質は実費弁償です。

出張に出かけると日常の出勤ではかからない

様々な経費がかかります。

外食代やらタクシー代、

雨が降れば傘も買うし、

寒ければ服も買うでしょう。

そういった支出をいちいち経費精算していたら大変なので、

「出張手当としてまとめて支給するから、

 その中でやりくりしてね」

という仕組みです。

しかも社長だったら、

社員さんや取引先にコーヒーやら軽食をご馳走したり、

出張先での視察など、よりお金がかかりますよね。

まあこのあたりは旅費規程活用マニュアルを

お読みいただければと思います。^^

自分の給料で貰った手取りはとても貴重です。

社会保険料と所得税、住民税を差し引かれた後のお金だからです。

100万円貯金しようと思ったら150万円近く給料を

もらわなければいけません。

冒頭の出張手当が廃止になった大手企業にお勤めの方は、

出張の必要経費をここから出していることになります。

そりゃちょっと可哀想ですよね。

でも可哀想なのは、

旅費規程を活用できていない会社の社長、

個人事業主さんも一緒。

だから旅費規程を取り入れていない会社は

今すぐ旅費規程活用マニュアルを購入しましょう。(笑

    ↓

https://旅費規程.com

個人事業主さんはさっさと法人化して、

旅費規程を取り入れましょう。

数年後の手残りがぜんぜん違ってきますよ。^^

【質問】出張手当の本質は、何ですか?

優しさです。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました