ホーム / メールマガジン /

出版して1万部を売る

出版して1万部を売る

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日の続きです。

「出版する」という目標に対し、

私が考える出版するデメリットはこちら。

・売れなかったら出版社に申し訳ない

・アマゾンで批判的なことを書かれるかも

・書くのが大変(笑

これに対して目標自体を、

『出版して1万部を売る』ということにすれば、

「売れなかったら出版社に申し訳ない」は、

デメリットからなくなります。

だって1万部を売るための行動までが

計画に入るわけですからね。^^

「アマゾンで批判的なことを書かれるかも」についてですが、

そういえば私、他人から言われることを

それほど気にするタイプではありません。

やりたくないから、

無理やりデメリットに入れ込んだだけですね。(笑

「書くのが大変」についてですが、

これまでに書いたメルマガがあるわけで、

それを整理編集すればいいので、

それを人に任せる方法を作ろうと思います。^^

オンラインセミナーで今井さんも言っていましたが、

「何かを手に入れるためには何かを失わなければならない」

という考えを持つとキツいです。

オリンピックで金メダルとかではなく、

「私たちが望む程度のことは全て両立できる」と、

まずは考えてみればいいでしょう。

私の場合、『出版して1万部を売る』ことで、

より多くの中小企業のお役に立てる未来を

ワクワクと想像しようと思います。^^

と言うわけで、

1万部を売らなければなりませんので、

田島が出版の暁には、

ぜひご購入をお願いします。(笑

そう言えば、

今井さんのこちらの本ですが、

100冊買わされました。(笑

けっこう配っているつもりですが、

まだ残っています。。^^;

     ↓

http://yurui-business.com/3p6u/

そうそう、

この時の話もひどいんですよ。(笑

今井さんから、

「300冊ぐらい買い取り応援お願いします!」

というメールが来たので、

「じゃあ30冊応援しますー」と返したところ、

「わかりました! 100冊ですね! ありがとうございます!」

てな感じ。(笑

今井さんの場合、

「5万部を売る」という目標だったので、

しっかりとそれに基づいた行動ですよね。^^

しかも私、

ちゃんと役に立ちそうな人にだけ、

配っていますし。^^

と言うわけで、

「目標を達成した場合に起こり得るデメリットを消せる

 目標設定をするといいよ」

というお話でした。^^

【質問】その目標は、ゴール後の未来も描いていますか?

今井さんの話ばかりですね。。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました