ホーム / メールマガジン /

判断基準を教える

判断基準を教える

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

社員からなにか相談を受けたとき、

どのように答えていますでしょうか?

というよりも、社員から相談されている内容自体、

適切でしょうか?

社員から何か相談され、A!B!と

即断即決で答える社長がいます。

すると社員は何も考えることなくそのまま受け入れます。

それでは社員の判断基準が育ちません。

するといつまでも同じレベルの質問に来ることになります。

「社長、顧客Aからこんな要望がありました」→OK!

「社長、顧客Bからこんな要望がありました」→NG!

このように答えだけで終わらせるのではなく、なぜ、

AはよくてBはダメなのか、その理由を説明します。

そして次回からは自分の意見と共に確認に来させます。

「顧客Aからこんな要望があり、

 〜の理由で自分はOKだと思うのですが、

 それでよろしいでしょうか?」

その意見の精度にほぼ間違いがなくなった時、

日報等の事後報告でもよしとします。

さらに精度が上がり社長からの信頼の域になったら、

報告は必要なく責任を与えます。

「うちの社員は全然育たない」

そう思っている社長さんは、社員を育てていないのです。

【質問】判断基準を自分のものだけにしていませんか?

社員から判断を求められた時、

それは社長が判断するべきことか、

常に確認しましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました