ホーム / メールマガジン /

利益とはコストである

利益とはコストである

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

数日前、定価は高く、というお話しをしました。

すると、確定申告の超繁忙期を迎えた税理士さんから、

『身に沁みています、マックでアルバイトした方が時給が高いくらい!』

というメッセージをいただきました。

様々なしがらみや経緯からそうなってしまっているのでしょうが、

持続不可能なきつい状態ですね。

ドラッカー教授は『利益とはコストである』と言っています。

詳しく解説するとヘビーになってしまうので今回は省略しちゃいますが、

利益を出せないということは将来のコストを負担できない、

ということになります。

必要なことは、自社が社会へ貢献するためのコストを、

お客様に正しく負担してもらうこと。

そして、正しく負担してくれるお客様と出会うための

マーケティング活動をきちんとやることなのです。

【質問】いいお客さんと、ちゃんと出会えていますか?

ドラッカー教授は『利益は幻想である』とも言っています。

■実践する経営者―成果をあげる知恵と行動 (著)P.F.ドラッカー
 http://amzn.to/Z4TnIC

この記事を共有する

コメントは締め切りました