ホーム / メールマガジン /

勉強しなきゃ死んじゃう?

勉強しなきゃ死んじゃう?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
世の中には、

・勉強しなきゃいけない

・成長しなきゃいけない

・売上を上げなきゃいけない

という主張に溢れています。



先日、娘にテレビのリモコンで叩き起こされ、

テレ東早朝のモーニングサテライト

という番組を見ていました。



そこではユニコーン企業の次は

ゼブラ企業だ!

という特集をやっていました。



ユニコーン企業とは、

創業10年以内、評価額10億ドル以上、

未上場、テクノロジー関連のスタートアップ企業で

ウーバーやエアビーなんかが代表格です。

そこまでは私でもなんとなくわかります。(笑



それに対してゼブラ企業というのは、

シマウマのように地に足をつけて、

持続可能性や共存性を大切にする企業のことだそうです。



ふにゃ?

何を言っているのかわかりません。。^^;



ウーバーやエアビーだって、

持続可能性や共存性を大切にすることはできますし、

しているかもしれませんよね。



こういったあまり意味のない、

新しい言葉を生み出しているのは、

コンサルタントや日経新聞です。



彼らは世のビジネスマンに対して、

勉強しないと時代に乗り遅れて、

売上・給料が下がって惨めな生活になっちゃうぞ、

という洗脳をするのが商売です。



しかもその勉強が、

ユニコーンやらシマウマの動物の名前だったり、

アグリーやらサジェスチョンやらフィックスやら、

わかりそうでわからない意識の高い言葉を

知っているかどうかだったりします。



さすがにちょっと言い過ぎかな。^^;

こういった言葉を普通に使っているもの同士、

ある程度のビジネス知識を共有できているという

安心感のための合言葉?(笑



現代人が1日に受け取る情報量は江戸時代の1年分、

だから勉強し続けなきゃ置いてかれる、

とかもよく言われますね。



と、ここまで意味のないお勉強をすることに対して

否定的に書きましたが、

中小企業にお勤めの方のほとんどは、

見事にいっさい何の勉強もしません。^^;



何十年も営業をしていても、

営業に関する本を一切読んだことのない人が

大半じゃないかな。(田島調べ)



それできちんと売上を上げられているのならいいのですが、

頭の中が江戸時代だとどうにもなりません。。



なんだか毒を吐いて終わりそうなので

まとめてみます。(笑



勉強しろ、成長しろと言ってくるのは、

メディアや経営塾、コンサルタントなど、

それを商売にしている人たち。



社長はそんな言葉には惑わされないで、

自分の探求を突き詰めつつ、

必要な知識は勉強ではなく利用すればいいのです。



お勤めの方で勉強?

そんなの学生時代に終わっているし、という方は、

月に1冊でも本を読めば人生変わってくると思います。。



【質問】オポチュニティって、なんですか?(笑



努力で得た機会、好機、だそうです。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました