ホーム / メールマガジン /

厚生年金保険料、また上がるってよ

厚生年金保険料、また上がるってよ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
2020年9月から、

厚生年金の標準報酬月額の上限が

引き上げられます。



これまで31あった等級の上に、

32等級という新しい等級ができます。



これによって手当などを含む給与が

63万5千円以上の人は、

厚生年金保険料が上がります。



具体的には自己負担分が

56,730円から59,475円に、

2,745円の増額です。



そしてこれは会社負担額も同額なので毎月5,490円、

年間だと65,880円、

なかなかの負担増ですね。。



しかもこれ、

等級を増やすだけなので、

これからもどんどん増えてゆきそうですよね。



仮に月給を100万円取っている社長さんは、

あと11等級上がる余地があるので、

さらに約72万円の負担増となるかもしれません。



さてここで、

いいお知らせとわるいお知らせがあります。



まずいいお知らせは、

将来受け取る年金額が増えます。

まあたくさん収めているんだから、

当然ですよね。^^



つぎに悪いお知らせは、

60歳以上になってもバリバリ働いて、

同じように月給を取っている社長さんは、

年金は1円も受け取れません。^^;



海外ドラマでお決まりの、

いいお知らせが無意味になるってオチですね。。^^;



社会保険料は赤字だろうが容赦無く、

のしかかってきます。

そしてその重さはこれからも確実に、

どんどん増してゆきます。



え?

田島はどうなのかですって?

私はいまのところ大丈夫です。^^



その理由は今週金曜日に支給される、

待ちに待ったボーナスです。(笑



詳しいことは役員賞与活用マニュアルに

書いてあるのですが、

何も知らずにフツーに月給を受け取っていると、

これからますます手取りは少なくなってしまいますね。。



役員賞与の支給は、

もはや中小企業経営者の

必須科目と言えるかもしれません。

     ↓

■役員賞与活用マニュアル
 https://役員賞与.com/




役員賞与のスキームもいずれ潰されるとは思いますが、

使えるうちに思いっきり活用しておきましょう。



【質問】厚生年金保険料、上がりますか?



田島は、上がりません。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました