ホーム / メールマガジン /

原動力はかわいそう

原動力はかわいそう

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

変に受け取られてしまうと

おかしな話になってしまうのですが、

私の事業の原動力は「かわいそう」です。

中小企業や中小企業の社長が、

事業に苦労しているのが「かわいそう」だから、

それを助ける事業をしています。

でも「かわいそう」と言っても、

いかにも上から見た憐憫(れんびん)の情ではなく、

愛憐(あいれん)とか慈愛(じあい)とか仲間とか、

そっちのイメージです。

どんな事業でも根本は、

「お客さんが苦労していてかわいそうだから、

 どうにかしてあげたい」

という想いがあるのではないでしょうか。 

収入のためだけだったなら、

ある程度稼いでしまえば「まあいいやぁ」

となってしまいます。

でもお客さんがかわいそうでいとおしくて仕方がないから、

飽きることなく事業をがんばることができます。

だから自社がきちんと利益を出すのもお客さんのため。

もし利益が出ていないのなら、

お客さんのためになっていないということです。

お客さんのためにきちんと利益の出る会社にすること。

ああ、かわいそう、かわいそう。(笑
だから頑張らないと。

はい、変な話でした。^^;

【質問】お客さん、かわいそうじゃ、ありませんか?

そう思うと、頑張れますし。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました