ホーム / メールマガジン /

口約束を払うのが惜しくなる社長

口約束を払うのが惜しくなる社長

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

中小企業社長に限らずですが、

決裁権が全てあることでよりその傾向が強い、

というお話しです。

中小企業社長は往々にして、

悪気なく、

相手の喜ぶ口約束をしてしまいます。

例えば、社員に対して、

「●●ができたら給料を上げる(倍にする)ぞ!」

「●●になったらボーナス100万円だ!」

とか、

社外の組んだ相手に対して、

「儲けは折半にしましょう!」

といった感じです。

その時は本気でそう思って言っているのですが、

いざ払う段になると、

「アイツには払い過ぎだな・・・」となります。

で、別にしっかりと言ったわけじゃないし、

(いや、しっかり言ってるんですけどね)

相手も本気でいたわけじゃあないだろうし、

(もちろん本気です)

立場も弱いし、まあいいか!

と、なってしまうわけです。

でもこれを一度やってしまうと、

その相手に対する求心力は二度と生まれません。

だから重要なことは、

一時の感情で余計なことを言わないこと。

私も何度か経験があります。

ビジネスで組んだ相手と利益を折半という約束だったのですが、

振り込まれた金額を見ると1/10を下回る金額。

その後交渉の余地無しという態度なので、

その相手とはもう二度と組むことができなくなりました。

いい条件を言った方は覚えてなくても、

いい条件を言われた方は絶対に忘れません。

リップサービスでいい条件を言わないことです。

もし言ってしまったのなら、

守るか、きちんと謝るか、せめて折衷案を出すかです。

まあいいか、で済まそうとするならば、

本質的な協力は二度と得られないでしょう。

だから私は言葉の負債を負わないよう、

できるだけ黙ることにしています。

【質問】口約束を、反故にしていませんか?

とかいいつつ、私もつい最近失敗してしまいました。。

この記事を共有する

コメントは締め切りました