ホーム / メールマガジン /

商品ありきか、お客さんありきか

商品ありきか、お客さんありきか

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「商品ありき」と「お客さんありき」、

それぞれに良さがあります。

私の場合、

中小企業の社長さんという、

お客さんありきですね。^^

お客さんありきの良さは、

マーケティングの手間が省けることです。

すでに関係のできたお客さんがいて、

どのタイミングでどんな商品を出せば売れるのか、

感覚的にわかっています。

反対に商品ありきの場合、

「誰に売ろうか?」

「その人にはどういうマーケティングが刺さるのか?」

「それは本当に売れるのか?」

というところからスタートします。

一人起業家の場合、

これはけっこうキツいです。

商品ありきがハマるのは、

万人受けの商品を発売している大企業や、

他の会社ができない技術を持っている工場などですね。

そうそう、

お客さんありきについては、

他の会社のお客さんも対象になります。

私が独立起業マニュアルを発売した時は、

友人の今井孝さんが起業したいであろう人たちのリストを

たくさん持っていることからコラボをお願いしました。

実際に独立起業してしまえば、

私の対象の中小企業社長になりますからね。^^

こういうコラボをお願いできる人間関係も、

実は会社の資産です。

これは社長がよく飲みにいく理由ですね。(笑

まあ今井さんはアルコールを飲みませんけど。^^;

昨日、独立起業マニュアルを見直していたら、

4年前に作ったのですがこれがけっこうよくできていて、

そろそろ最新版にリニューアルしようと思います。^^

https://独立起業.com/

【質問】あなたの会社は、商品ありきですか? お客さんありきですか?

お客さんありきなら、なんでも売れます。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました