ホーム / メールマガジン /

型なしと型破り

型なしと型破り

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

あなたの会社には、

社内のルールや業務マニュアルが、

文章化され社員に行きわたっていますか?

もしないとしたら、

それは「型なし」の会社です。

歌舞伎や落語の世界では、

型のある人が型を破ることを「型破り」といい、

型のない人が型を守らないことを「型なし」と言います。

「型」という言葉に拒絶反応を持つ人は少なくありませんが、

素早い変化が求められるこの時代に必要なのは、

「型なし」ではなく「型破り」な人です。

武道や茶道、華道には、

「守破離」という言葉があります。

守:決められ、教えられた通りのことを、忠実に守る

破:守で学んだことを身につけたうえで、自分なりの応用を加える

離:はじめの教えにとらわれない、独自の自由な境地に至る

では、何を守り、何を破り、何から離れるのかというと「型」、

つまり社内のルールや業務マニュアルです。

「型破り」な人とは、

社内のルールや業務マニュアルに従わず好き勝手に振舞う人ではなく、

まずはしっかりと「型」を身につけた上で、

さらに自分なりの工夫をして結果を出す人なのです。

当然ですが、

そもそも「型」のない会社からは

「型破り」な人は出てきません。

まずは会社が良くなる仕組みをルール化、文章化、浸透化させます。

その上でルールに縛られず、

よりお客さんが喜ぶこと、より会社が良くなることに、

「型破り」にチャレンジするのです。^^

【質問】型に、はまっていませんか?

型を作って、守って、破って、離れるのです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました