ホーム / メールマガジン /

売れない人は自分矢印

売れない人は自分矢印

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

起業家でも営業さんでも、

なかなか売れない人がいます。

売れない人に共通する傾向が、

お客さんではなく自分に矢印が向いていることです。

どういうことでしょうか。

たとえば、新商品をお客さんに提案したけど、

興味なさそうだったらすぐに引っ込めちゃう。

でも本当にお客さんにとっていい商品なら、

手を変え品を変え何度でも提案するべきですよね。

でもそれができないのは、

断られる自分を許せないという

自分向きの矢印に囚われているからではないでしょうか。

もしくはお客さんのニーズをわかっていないのに、

わかっているフリをやめられずに、

今さらお客さんに聞けないとか。

「いやいや、そんな自信を持って提案できる商品がないんですー」

という場合、それこそ自分矢印で、

お客さんのために自信を持って提案できる商品に

自分がしなくてはなりません。

それをしない自分ではなく、

商品のせいにしていることこそが自分矢印で、

自分を言い訳で守っているわけです。

意識的な言い訳なら可愛げもありますが、

無意識の言い訳が癖になっていると

ちょいとヤバいですよね。

自分にとって都合が悪いことは、

本質的にはすべて自分のせい。

そう考えることがスタートなのです。^^

【質問】それは相手のためですか? それとも自分のためですか?

相手、相手、相手―!(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました