ホーム / メールマガジン /

売れば売るほど忙しくなる人

売れば売るほど忙しくなる人

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日から7泊8日で、

沖縄県の西表島に来ています。

パソコンと何冊かの本は持って来ていますが、

まあ、暇です。(笑

東京にいる時もけっこう暇なのですが、

なぜ私がこんなに暇なのかというと、

徹底的にシステム化しているのと、

商品の販売数をコントロールしているからです。

私の商品はダウンロード商品なので、

カードで決済してもらえば、

入金から納品まで一切の手間がかからずに、

売上が上がってゆきます。

銀行振込の場合には、

指定口座に入金があるとメールが飛んでくるため、

金額に間違いがないかを確認し、

販売システムの「承認」ボタンを押すだけ。

あと領収書を希望されるお客さんが多いのですが、

申込名と記載名を変えて欲しいとか、

但し書を指定される場合があります。

まあそれくらいやれと言う話なのですが、

ほぼほぼ一人でやっているので、

そういう事務が二つ三つ溜まってくると、

それだけで忙しいような気分になります。^^;

だから商品を買ったお客さんが自分で、

記載名と但し書を指定して、

領収書を発行できるシステムになっています。

こんな感じ。

  ↓

http://yurui-business.com/ryousyusho/

また何かしらの質問が来るたびにQ&Aに追加してゆけば、

質問が来ること自体もだんだんと少なくなってきますよね。

ここまでやっても、

売れる数が増えるとやはり問い合わせは増えます。

だから私の場合、

販売価格で商品販売数のコントロールをしています。

1万円からスタートしたマニュアルが、

内容はそのままで値上げを繰り返し今では7万円です。^^

そして今後も値上げをしてゆきます。

当初は今の金額で売れるマーケティング力、

信用力がなかったからですが、

もし今も1万円で売っていたら、

もしかしたら売れすぎて手間ばかりかかる上、

早期に市場を刈り取ってしまうかもしれません。

だったら値上げをして、

少ない販売数量で売上を確保した方がいいですよね。

また私の場合、商品の性質上、

すでに購入していただいているお客さんのためにも、

行きすぎた一般化は避けたいところです。

業績の良い会社の場合、

イケイケドンドンで人を増やし急拡大する場合がありますが、

売上は上がるけど忙しいだけで利益は残らない上、

自ら商品のライフサイクルを早めることにもなります。

あんまり参考にならないと思いますが、

何かの参考になればと思います。(笑

【質問】忙しさと儲けは、釣り合っていますか?

私はもう少し、忙しくしようと思います。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました