ホーム / メールマガジン /

売れる営業さんは自分の商品を売らない

売れる営業さんは自分の商品を売らない

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

逆説的になりますが、

自社の営業さんほど、

自社の商品を売るのに不適切な人はいません。^^;

だってお客さんから見たら、

一番中立性がないのですから。(笑

売れる営業さんを見ていると、

自分の売る商品にあまり頓着がありません。

むしろ商品以外の話をしています。

保険商品なんかは特にその傾向が強く、

どこで買っても、誰から買っても、

内容はほぼ一緒です。

だから売れる保険営業さんは、

自社で扱う保険以外の、

自分の得意領域で勝負をします。

子供の教育に強い保険営業、

住宅ローンに強い保険営業、

銀行借入に強い保険営業などなど。

今の時代、

保険を入り口に話を聞いてくれる人は

ほとんどいません。

でも子供の教育や住宅ローンで悩むお父さんお母さん、

銀行借入で悩む企業経営者はたくさんいます。

このような自分の本業に関係のない入り口を作ると、

そこにお客さんとの利害関係はないため、

中立的な立場からお客さんのお役に立つことができます。

そして本質的にお客さんのお役に立ってしまえばこっちのもの。(笑

お客さんに買う力さえあれば、

保険でも家でもなんでも買ってもらえます。^^

困ったことに、

自社の商品を売るのに一番不適当なのは自分です。^^;

ライバル会社と提携して、

お互いの商品を売りあったら、

売れそうですね。(笑

【質問】自社の商品以外で、お客さんのお役に立てることはなんですか?

私の場合このメルマガが、商品以外でお役に立てることになります。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました