ホーム / マーケティング /

売上アップの公式

売上アップの公式

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
売上を上げようと思った時、一番大切なのは次の公式です。
漠然と売上を増やしたいと思うのではなく、

客数を増やすのか、客単価を増やすのかを

まずは決めなければなりません。



例えば看板を付けるにしても、

客数を増やすための看板と客単価を増やすための看板は

設置する場所、内容が違うはずです。



一番手っ取り早いのは、客単価を上げること。

そのために考えられるのは、次の4つです。

1.購買個数のアップ

2.購買頻度のアップ

3.購入品のグレードアップ

4.周辺商品の販売


対法人営業の場合、1~3は現実的には難しい場合がほとんどです。

しかし4の周辺商品の販売は、

新規に顧客開拓をするよりは一般的にはしやすいでしょう。



そして客単価を上げる1~4の可能性を全て当たった後、

ようやく新規顧客開拓です。

新規開拓の場合にもこの公式は重要です。



ただしポイントは、客数よりも先にまず客単価を決めることです。
例えば上げたい売上高が1,000万円だとして、

客単価が200万円なら5社開拓する必要があるということになります。



では5社開拓するためには、何社に見積書を出す必要があるのか?

見積もりを出す必要数を得るためには、何社にプレゼンをする必要があるのか?

プレゼンを出す必要数を得るためには、何社に商談をする必要があるのか?

商談をする必要数を得るためには、何社にアポをとる必要があるのか?

アポを取る必要数を得るためには、どんな手が必要なのか?

その手を打つためには、どんな体制が必要なのか?



営業は確率です。

自社流の売上アップの方程式を作り上げましょう。

この記事を共有する

コメントは締め切りました