ホーム / メールマガジン /

外科医とコンサルタント

外科医とコンサルタント

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

外科医とコンサルタント。

一番の違いは何でしょうか?

外科医は手術をして患者を治します。

患者は寝ているだけ。

もちろん患者の生命力も不可欠ですが、

主な責任は外科医にあります。

それに対してコンサルタントは

クライアントを寝かせてしまって、

責任を奪ってはいけません。

外科医の場合にはありがたいですが、

成功率100%というような謳い文句のコンサルタントは、

どうも微妙だなぁと。^^;

何を持ってして成功なのか?

コンサルがクライアントの成功を勝手に決めちゃうの?

という感じです。

病気や怪我は治すことが成功ですが、

企業家の成功は挑戦している過程にしかありません。

いくら利益率が高いとしても、

挑戦がなければそれはただの停滞で、

心は澱んでゆきます。

だからコンサルタントの役割は、

社長の挑戦に共に挑むことだと

私は思っています。

そして挑戦している最中こそ成功です。

反対に唯一の失敗とは、

うまくいくかどうかという結果に囚われ、

挑戦できないでいることです。

で、これは私が常々思っていることですが、

コンサルタントと社長の関係は、

社長と社員の関係と似ています。

社員が結果に囚われ、

挑戦できないでいることは社長の失敗です。

だから社長の役割は社員が挑戦できるように

サポートすること。

挑戦こそが、成功なのです。^^

【質問】社内に挑戦は、ありますか?

外科医の話が、どっかにいっちゃいました。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました