安全宣言

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

自社と関係のないところで、

自社の存続を危うくする事態があり得ます。

例えば狂牛病のときは

多くの焼肉屋さんが店を畳みました。

この場合は牛肉以外で凌ぐしかありません。

またペヤング事件では

他のカップ麺メーカーも

あらぬ疑いを持たれたでしょう。

他にももし自社が障害者雇用に積極的なのに、

障害者を食い物にしているような会社がニュースになった場合、

あらぬ目で見られるかもしれません。

こんなことが起こるとは想定外、

ということはあり得ません。

地球が爆発したって想定の範囲内。

ましてや自社を揺るがす程度の事態は

いつだって起こり得ます。

だから例えば工場だったら、

ドモホルンリンクルのCMのイメージで、

「毎日ここまで分解洗浄しているから安全です」とか、

外部監査の仕組みとか、

安全宣言をいつでも出せる用意が必要です。

万が一の事態が起きて同業者があたふたしている時に、

いち早くお客さんを安心させてあげましょう。 ^^

【質問】万が一の事態に、安全宣言の用意は、ありますか?

予め、最悪の事態を想定しておくのです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました