ホーム / メールマガジン /

少人数、中人数、多人数の法則

少人数、中人数、多人数の法則

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

起業家ビジネスの組み立て方についてです。

コンサルタント初心者の場合、

まずは一対一の関係から始めます。

目の前に相手がいる状態なら、

ニーズや満足度を測りやすいですし、

クレームになりそうになっても

一生懸命やっている姿を見せればたいていOKです。(笑

そしてある程度実績がついてきたら、

中人数を相手にセミナー等をおこなっても、

数十名相手でもニーズや満足度を測ることができ、

その場での軌道修正もできるようになります。

そして自由自在に軌道修正できるようになると、

大人数を相手の出版やコンテンツ販売が可能です。

そして客単価的には、

少人数の方が高額で、

多人数になると低額になります。

私は起業当初から次のように考えていました。

1人のクライアントから1,000万円をもらうと奴隷になり、

1,000人から1万円をもらうと先生になる。

高いお金をいただきすぎると、

クライアントの期待値も高くなりますし、

いつでも気軽に電話をされたり、

結果として手間がかかります。

しかし低額の商品ならば

基本的にサポートいらずなので、

手離れが良くなります。^^

私のクライアントさんの扱う商品で一番低額なのは、

ミネラルウォーターのペットボトルで1本数十円ですが、

それが数十万、数百万本単位で次々と出荷される様子は圧巻です。^^

顧客との距離感、手離れ、

単価設定のお話しでした。^^

【質問】どんなビジネスを、選択しますか?

近い=高単価、遠い=低単価。

この記事を共有する

コメントは締め切りました