ホーム / メールマガジン /

年商ごとの社長の病状

年商ごとの社長の病状

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

年商ごとに社長が陥りがちな症状と対策をあげてみました。

もちろん時代や業種によって異なりますが、

創業者で比較的上向き経営の社長の、

勝手なイメージです。(笑

【年商1億円前後】いい社長だと思われたい病

 会社の規模に対する引け目か、

 辞められては困るという思いが強すぎるためか、

 給料、休みなど甘い経営をしがち。

 →甘さではなく会社のビジョンで引っ張りましょう。^^

【年商2〜3億円前後】あいつらにはどうせわからない病

 創業者で2〜3億円まで伸ばせれば、

 社長個人の能力としては相当なものです。

 その結果、周りの社員が無能に見えてしまい

 ちょっとグレます。(笑

 →有能な社長がいるから無能のフリをせざるを得ないのです。

  10日ほど、海外旅行に出かけましょう。^^

【年商5〜8億円前後】俺ってけっこうすごいんじゃないか病

 会社としてマネジメントが機能し、

 経営にある程度の自信を持ちます。

 その結果、人からの聞く耳を持たなくなり、

 会社が徐々に硬直化してゆきます。

 →ミッション、ビジョンに立ち返りましょう。

  (そう言われたところで難しいですね・笑)

そして次の段階。

年商10億円を越えるためには、

創業者とはまた違った力が必要になってきます。

離陸時の時と安定飛行の時とでは力のタイプが違い、

両方を併せ持つ人というのはそう多くはありません。

そこで所有と経営の分離を考える必要がでてきます。

ある程度大きな会社では、

サラリーマンのまま子会社に出向して、

社長の経験をさせますよね。

こういう人は創業社長よりも安定飛行がよほど上手です。

自分が創業社長タイプならば、

年商10億円に近づいたら経営者タイプにさっさと経営を渡して、

自分はまた新たに創業をしたらいかがでしょう?(笑

あと、自分の子供を直接自社に入れるのはあまりお勧めしません。

少なくとも数年はそれなりの会社でサラリーマン経験を

積ませた方がいいと考えます。

創業者のパワーも持たず、

経営者の強かさも持ち合わせない

素人社長になってしまうかもしれません。

【質問】思い当たる病状は、ありませんか?(笑

てきとうな、イメージです。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました