ホーム / メールマガジン /

得より損を伝える

得より損を伝える

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

人を動かすためには、

「何かをしたら得する」ということよりも、

「何かをしないことですでに損をしている」ことを伝えます。

例えば、

節税関係の保険商品があったとします。

「この保険を買えばこれだけ節税できます」

というのは得することです。

説明している営業さんが本当に信用できるかわからないし、

探せば他にももっといい商品がありそうだし、

誰だって普通に忙しいですから、

検討を保留されてしまいます。

でも、

「本来、これだけの税金で済んだはずが、

 この保険を知らないことで大変な損をしています。

 本当はいま、●千万円の資産があったはずです」

と、現在進行形の損を伝えられたら

いてもたってもいられなくなります。^^

蛇口を閉め忘れて水が垂れ流しになっているような

イメージ画像を使っちゃったりなんかして。(笑

太陽光発電などでも、

「太陽光発電を付ければ電気代が安くなります」ではなく、

「もっと安くいのが当たり前なのに、

 太陽光発電を付けないことで、

 倍以上の電気代を払っています」と伝えます。

旅費規程では、

「旅費規程を導入すると精算事務の簡略化とともに、

 節税ができます」ではなく、

「大企業、公務員が当たり前に使っている旅費規程を知らないことで、

 精算事務に余計な手間をかけた上に、

 払わなくてもよかったはずの税金を払っています」と伝えます。

          ↓(宣伝・笑

■出張手当を経費化する「旅費規程活用マニュアル」
 http://yurui-business.com/cc-ryohikitei

人間は快楽よりも痛みに敏感です。

あなたの商品を買わないことで

今現在すでに損をしていることを伝えてあげましょう。^^

【質問】お客さんは今、どんな損を垂れ流していますか?

それを一刻も早く止めてあげるのが、あなたの役割です。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました