ホーム / メールマガジン /

怒りは依存

怒りは依存

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

無性に腹がたつ時ってありますよね。

何度言っても社員がわかってくれない時や、

取引先が約束を違えてきたり、

車の運転マナーの悪い人がいたり。

でも「自分は怒ったぞ!」と言ったところで、

なにも変わりません。

むしろ怒りの感情に任せてしまうことで、

状況はより悪化しますし、

怒っている感情はさらなる怒りを呼びます。

なので、

ひとまずこう考えてみます。

「怒りは自分が相手に依存しているから生まれる」と。

社員がわかってくれないのは、

わからせていない自分が原因。

これからも自分にわからせるだけの技量がなければ、

そのままいるのはお互いに不幸だから、

会社を卒業させてあげる。

その時は社員解雇マニュアル。(笑

    ↓

https://社員解雇.com

取引先が約束を違えるのは、

約束を違えるだけの状況を作ったり、

そういう扱いをされる自分が原因。

もし改善させる見込みがないのなら、

取引を終了できる状況を作る。

自分の感情を相手に依存させず、

いつでも別れの覚悟があれば、

単純な怒りという感情にはならないはずです。

運転マナーの悪い人はどうするか。

私は「ウ●チを我慢しているんだな」

と思うようにしています。(笑

もしくは、

「何かツラいことがあってムシャクシャしているんだろう」と。

でも辛いことがあったからといってそんな運転をしていたら、

もっとツラい目に遭う可能性が高まりますよね。

そう思えば怒りよりも、

上から目線の憐れみの感情になるはずです。

怒ってしまうのは同レベルだから。

器の大きい人は、

いちいち怒っていられないのです。^^

【質問】最近、怒りましたか?

怒る前に行動を。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました