ホーム / メールマガジン /

成功の9ステップ

成功の9ステップ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私の好きな本、ジェームス・スキナーの「成功の9ステップ」から、

お気に入りの言葉を紹介します。^^

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344418476/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4344418476&linkCode=as2&tag=yurubusi01-22

成功はプロセスであり、目的地ではない。

真の幸福は到達地点から得られるものではなく、

そこまでの生き方から得られるものである。

あなたは今日から他人にとってのインスピレーションに

なるような生き方をすることができる。

そして、その旅路の一歩一歩を楽しみ、

有意義な人生を生き切っているという満足感を

自分自身に与えることができるのだ。

「何を楽しいと思うか」が問題なのではない。

それは現在の連想を物語っているにすぎない。

本当の問題は「長期的に見て、自分が望む生活を手に入れるために、

何を快楽に連想させ、何を痛みに連想させなければならないか」

“快楽と痛みに対する連想”の本当の問題点は、

そのほとんどが意識的に選ばれたものではないということ。

今の考え方では、今得ている結果しか得られない。

成功する人は、夢が実現しやすくなる連想を自ら選ぶ。

ほとんどの人の人生は、周りの状況や環境に振り回されている。

自分の感情または状態が、身に起こる出来事の結果だと

思い込んでしまっているからである。

成功者はつねに効果的な決断ができる状態を維持するようにしている。

すべての出来事に対して「力を与えてくれる解釈」を見つけること。

富士山の頂上に至る道は何通りもある。

今現在、自分に1億円をもたらしてくれる

可能性のあるプロジェクトに、

いくつ取り組んでいるか?

リスクが大きすぎる選択肢もある。

農場すべてを賭ける必要はない。

牛の一頭か二頭を賭けるだけで欲しい結果が得られるような案を見つける。

最も有能な意思決定者は、自分の決断を信頼できるアドバイザーに

ぶつけてみるようにしている。

謙虚さはすべての美徳の母である。

いったん決断を下したら、実行することだ。

有能なリーダーは、いったん決断したことについて悩んだり、

ストレスを感じたりすることはない。

決断したことは決断したことだ。

リスクは考えている。

人からのフィードバックも受けている。

事実に基づいて、望む結果を生みだす可能性が最も高い案を選択している。

それ以上のことはできない。

悩むのをやめて、すぐに実行しよう!

早く学ぶためには、メモをとり、アイデアを図にし、

学んでいることを他人に教える。

「とても面白い本を読んでいるんだ。

重要なポイントを理解できたかどうか確かめたいので、

話を聞いてもらえますか」

精神異常とは、同じことをやり続けて、違う結果を期待することである。

行動を変えることでしか、人生は変わらない。

人生の中で求めているものはすべて「感情」である。

「感情」は人生そのものだ。

自分の感情のコントロールを取り戻すことは人生を極めること。

人間は死ぬ間際になって自分のしたことを後悔するのではない。

やらなかったことを後悔するのだ。

【質問】ぐっときた言葉は、ありました?^^

ちょっと高いけどオーディオ教材のほうが10倍おススメです。^^

成功の9ステップ(オーディオ教材)

この記事を共有する

コメントは締め切りました