ホーム / メールマガジン /

成果を上げた社員にはたくさん給料を出す?

成果を上げた社員にはたくさん給料を出す?

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
このメルマガを読んでいる社長さんは、

きっと、いい人が多いので、(笑

社員が頑張って成果を上げたならば、

給料、ボーナスで報いてやりたいと

思っていることでしょう。



でも心理学の世界では、

このような報酬政策は意味がないどころか、

むしろ組織の創造性を低下させると言われています。



なぜならば、

組織にとって価値があると思うことではなく、

手っ取り早く報酬が得られる仕事を

選ぶようになるからです。



創造性を発揮して欲しいのならば、

アメやムチではなく、

挑戦が許される風土が必要です。



そしてその風土の中で人があえて挑戦するのは、

アメが欲しいからではなく、

ムチが怖いからでもなく、

ただ単に「自分がそうしたいから」ということです。



また反対の事例として、

安い給料で働くほどモチベーションが高くなる、

ということもあり得ます。



ダメ彼氏に尽くしてしまう彼女って、

いますよね。

私は見たことがありませんが。(笑



その彼女の頭の中はこうなっています。

ダメ彼氏は魅力がない。

そんな魅力のない彼氏に尽くす自分も魅力がない。

でもそんなことは認めたくありません。



なので、

尽くしている自分を正当化するために、

ダメ彼氏にいいところもあると思い込もうとする

気持ちが働きます。



この心理を会社に置き換えてみると、

ブラック会社の完成です。(笑



そういえば何年か前に、

大学時代の友人と20年ぶりに飲みました。



勤め人なのですが、

話を聞いている限りブラック会社で、

なかなかしんどそうな状況なのですが、

「俺がいなきゃ(会社が)ダメやねん」

と言っていました。。



ブラック社長にとっては助かる社員ですよね。。

でもそういう人がいる限り、

他の人もブラックな就労環境に巻き込まれますし、

同業他社も価格競争に巻き込まれます。



ブラック社長の真似をして欲しいわけではありませんが、

このような心理の動きを知ると、

「社員が頑張って成果を上げたならば、

 給料、ボーナスで報いてやりたい」

が経営者としてはちょっと素直すぎるかもしれません。



給料が高くて休みが多いと、

余計なことを考えたりしますからね。(笑



まあ人間の心理は単純ではない、

ということで。^^



【質問】成果を上げた社員には、たくさん給料を出しますか?



出せばいい、ってものでもないんです。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました