ホーム / メールマガジン /

戦う土俵と戦い方

戦う土俵と戦い方

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

「しんどいことは何かを間違えている、

 正しいことは自然で楽しい」

これはゆるビジ☆の基本的考えです。

経営が苦しいということは何かを間違えているということです。

戦う土俵を間違えているのか、そこでの戦い方を間違えているのか、

もしくはその両方なのか。

戦い方を変えるのはそれほど難しくありませんが、

そもそも戦う土俵を間違えていると

戦い方ではどうにもなりません。

土俵は時間の経過とともに、狭く、相手は強くなります。

いま変えるべきなのは、戦い方なのか、戦う土俵なのか、

考えましょう。

・・・という話しと、もう一つ思っていることがあります。

「うちの業界はもうダメです」という会社があります。

でもコンサルティングに入ってよくよく話を聞くと、

他業界では当たり前の努力や戦い方を

実はしていないことがよくあります。

業界全体が、自分たちは古い業界だからと諦めて、

当たり前の営業努力を放棄しているのです。

となると逆にチャンスですね。

難しいことをせずとも、

他業界で当たり前のことをやればいいのですから、

まだまだ戦えたりします。^^

【質問】戦う土俵と戦い方、どっちの問題ですか?

まだまだ、戦えます。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました