ホーム / メールマガジン /

戦略とは不確実に対する挑戦

戦略とは不確実に対する挑戦

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

コンサルタントをしていると、私は正しい戦略を知っていると

思われることがあります。

マーケティングの基本、マネジメントの基本と言うものはありますが、

正しい戦略というものはありません。

もちろん、今この会社が置かれた状況の中で、この手をやれば、

お金をかけずにお客さんを集められますよ、

というチャンスに気が付くことはあります。

そしてその手が、先だって押さえてしまえば参入障壁が高く、

比較的長きにわたり、競争力を保つことができるのならば、

戦略と言ってよいのかもしれません。

しかし、その戦略が本当に確実か、と言われるとそんなことはありません。

いくつかの先例があるにせよ、本当に正しいかどうかは、

実際にその会社でやってみなければわからないのです。

私は戦略とは不確実に対する挑戦だと考えています。

だから、失敗しても大きなダメージを負わない、かつ、

二の手、三の手を用意しておくこと。

これが社長と一緒に挑戦する、私の役割だと思っています。

【質問】戦略に、惚れ込みすぎていませんか?

なんか、女性に対する話しと似ていますね。(笑

この記事を共有する

コメントは締め切りました