ホーム / メールマガジン /

採用から退職までの必須科目

採用から退職までの必須科目

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

私と同じ時期に起業した社長さんと

久しぶりに飲みました。

会社のマネジメントを強化しようと、

大企業出身の方をその会社としては破格の待遇で

部長として採用したそうです。

でもその部長は指示を出すのが自分の仕事とばかりに、

会社の至らぬ点を指摘しまくり、

さんざんかき回した上で解雇を勝ち取り、

もともといた社員も巻き込んで辞めていったそうです。

うわぁ、、、

って感じですよね。。^^;

解雇なので助成金の受給も無くなってしまうし、

まあさいあくです。

私がお手伝いをしていたらどうなるか、

という話なのですが、

まずは面接時にこういう話し方をします。

「あなたの目から見たらうちの会社は

 きっと至らぬ点ばかりです。

 なのであなたにはそれを改善してもらう仕事を

 お願いしたいと思っています。

 なのでまずは入社1ヶ月間、

 毎週末に会社の問題点とその改善計画を

 簡単なレポートでいいので提出してください」

大企業と違ってスタッフがいるわけじゃないので、

問題点を指摘するだけではなく実際手を動かし改善するのが仕事、

ということを明確にします。

この辺りは人材採用マニュアルで紹介しています。

     ↓

■人材採用マニュアル
 http://採用支援.com/

あとはこういう人の言うがままに解雇を言い渡し、

失業者手当をもらってぬくぬくとほくそ笑むというのは、

私は許せません。

その人に払った無駄に高い給料や解雇予告手当、

無効になった助成金は、

残ったスタッフの賞与の原資になるものです。

もちろん会社も褒められた事ばかりではないと思いますが、

それでも選択肢は社長が持っておきたいですよね。

人を採用するならば、

辞める時のことまで一通りの知識がないのは危険です。

人を雇う経営者の必須マニュアル。

     ↓

■社員解雇マニュアル
 http://社員解雇.com/

何度かこういうことを経験して、

経営者として成長してゆくのもアリですが、

いちおう、こういうマニュアルもありますよー、

という宣伝でした。(笑

【質問】採用から退職までの、必須科目をマスターしていますか?

心の余裕が、違います。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました