ホーム / メールマガジン /

損得までの距離

損得までの距離

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

昨日の苦し紛れのメルマガですが、

思いの外好評だったようで、

たくさんのメッセージをいただきました。

ありがとうございます。^^

カッコつけていないで、

ちょっと恥ずかしいくらいの内容が、

やっぱり受けますよね。^^;

メッセージの中で最後の項目についてどういうことか

質問をいただきました。^^

七.損得は限りなく遠くに

  目先の損得に囚われず、人生レベル、組織レベル、

  地域レベル、国家レベル、地球レベル、

  宇宙レベルで考える。

世の中(宇宙?)の法則として、

目先の得を得ようすればするほど、

実は遠くの損につながります。

例えば、社長が自分だけ良ければいいという経営をしたら、

1年後か3年後か5年後かわかりませんが、

いずれ必ず会社は傾きます。

また、税金をチョロまかして得したつもりになっても、

後で必ず手痛いしっぺ返しを喰らいます。

「いやいや、バレないでうまくいっているよ」と思ったところで

そのしっぺ返しは大きくなるばかりです。

でも単に得までの距離が遠くすればいいというわけではなく、

自分を殺して組織や、国家を殺して地球など、

現実的な優先順位を間違えてはいけません。

遠くのために尽くして、尽くして、尽くして、力尽きる、

それは無責任なことです。

意識としては損得をできるだけ遠くに置きつつ、

先に受け取ったり、人に迷惑かけたりしながら、

生かしてもらっていることに感謝をする。^^

うーん、

わかりにくいですかね。^^;

【質問】損得までの距離を、どこに置きますか?

そこそこ遠くに、置きましょう。^^

この記事を共有する

コメントは締め切りました