ホーム / メールマガジン /

損得を一致させる

損得を一致させる

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

世の中には同じ方向に向かっているはずなのに、

損得が一致していないケースがよくあります。

例えば、残業代。

会社は早く仕事を終わらせて帰って欲しいけど、

社員としては残業代を貰いたい。

建物なんかの設計料。

施主としては良い建物を安く仕上げて欲しいけど、

設計士は建物が高くして設計料がたくさん貰いたい。

税理士さんの顧問料。

会社の利益がたくさん出れば顧問料値上げの交渉がしやすいから、

節税系の提案はあまりしたくない。

マネジメントの役割は黙っていれば違ってきてしまう、

それぞれの損得を一致させることです。

私がお手伝いをするクライアントで、

残業代を一定時間定額にすると、

これまでの残業は何だったのかというくらい、

早く帰れるようになるのはよくある話です。

【質問】仲間たちの損得は一致していますか?

言い換えると、頑張れない、頑張りたくない理由を無くしてあげることです。

この記事を共有する

コメントは締め切りました