ホーム / メールマガジン /

政治・教育・マスコミ

政治・教育・マスコミ

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

安倍総理が靖国神社に参拝して、テレビが大騒ぎしていますね。

メディアではアメリカも失望していると大騒ぎをしていますが・・・。

公の場で政治や宗教の話題を取り上げるのはタブーとされていますが、

経営者にとって国家観や死生観は重要だと考えていますので、あえて書きます。

実はこのタブー、国家観や死生観を国民に持たせないように、

「そういうことは人前で話すものではない」とある勢力によって

意図的に作られた価値観だったりします。

ある国がある国を侵略しようとした時の手段は軍事力でドンパチだけではありません。

相手の国を内部から弱体化させ、進んで自国の軍門に下るように仕向けます。

その時にもっとも効果があるのが、標題で並べたこの3つです。

政  治:政治を乗っ取れば当然その国は思いのままですね。民主党・・・

教  育:自国の都合の良いように子供のうちから洗脳します。日教組・・・

マスコミ:いつの間にかマスコミが国民の代表のようになっています。新聞各社・・・

最近特に、マスコミの言っていることがおかしいと思いませんか?

これらはほぼ同一の支持母体によって動いています。

政治家は誰もが、日本を良くしようと思って喧々諤々の議論を

しているわけではありません。

そもそも日本を弱体化させることが目的でありながら、

良くするふりをして議論をしているのですから噛み合うはずがありません。

これは会社の中でもよくありますね。

自分の立場を守ることだけが本当の目的で、会社がどうなってもいい人間が、

会社のことを考えているふりをして無意味に掻き回していたりします。

特に、コンサルタントなんかは要注意です。(汗

国を良くする、会社を良くする、本当の目的のためならば、

自分の立場を投げ打つことができるのが国家観、死生観です。

これを危険思想とラベル付けするのが洗脳です。

オブラートに包みつつ、会社経営に絡めたらなんだかよくわからなくなりました。^^;

今回のメルマガで、何かしらの思いを巡らしていただければ幸いです。

【質問】国家観、死生観を持っていますか?

道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である(二宮尊徳)

今回のメルマガにたくさんのご感想をいただきましたので、以下にご紹介させていただきます。

■経営者 男性
愚生も政治家、日教組、朝日新聞、NHK等々、日本人?が祖国日本を貶めるのに憤りを感じる者の一人です。
経営者が愛国心、国益にもっと素直に発言できるよう、一人一人自覚をもつべきだと考えています。
今後、啓蒙に期待しています。

■経営者 女性
日本は実は現在大変な危機的状況にあります。
何とか安倍首相を貶めて、国民の支持を失わせ、自分たちにとって都合の良い政権を作ろうと画策している勢力が活発に動き始めています。
経済政策だけに国民の関心が集まっていた時は少し静かにしていましたが、特定秘密保護法案や靖国神社参拝など彼等にとって格好のネタができたので大騒ぎをして国民の不安を掻き立てようとしているわけです。
今に始まったことではありませんが、某大新聞や某テレビ局など正常な感覚とは思えない文言で国民を煽り立てています。
どこかの国の勢力に手を貸して、この日本を売り渡そうとする意図(彼等にはちゃんと利権がありますから)を、私達日本国民は見抜かなければなりません。
一見もっともらしく見える一部メディアの反日的な報道に惑わされて、後で後悔しても取り返しがつかないでしょう。
それらの勢力は日夜、巧妙な策を練っています。
日本の領土、資源、歴史、文化、技術、人的資源そして何より国民の生活を土足で踏みにじられないようにしなければなりません。
今国民が目覚めて正しい方向に向かわないと、日本という国はこの地球上で生き残っていくことができないでしょう。
どこかの国に浸食され、左翼勢力に支配されて誇りを失い、弱民化されて自虐的に生きていきたいのであれば話は別ですが!
何とかなるさ、と思って今日まで意識もせず生きてこられたかもしれませんが、今本当に熾烈な攻防が行われています。
SNSの発達により大新聞やテレビの報道だけが真実ではないと気づき始めた人達が増えているのは心強いことです。
メディアは支持率に敏感ですからはやり選挙の結果と支持率が情勢を左右します。
2月に行われる東京都知事選挙は大変重要です。
オリンピックの東京開催を阻止しようと国家予算までつけて様々な手を使ってきた二つの国にとっては、日本が開催に失敗して国際的な信用を失えば彼等の思うツボです。
ですから、オリンピック開催に反対してきた左翼系の知事でも誕生した場合は、大げさではなくただ事ではすみません。
そのような意味でも某大新聞社や一部テレビ局の安倍政権非難(批判ではなく)の報道に心情的に操作されないでほしいと願うわけです。

■総務部長 男性
日本の大マスコミは、今や政府のスポークスマンになり下がっていますから、今回の安倍総理の靖国参拝問題も、政府にとって得か損かで考えると分かりやすくなります。
中国と韓国が怒ってるぞ!アメリカも失望したぞ!と言ってるぞ。
アジアには41ヶ国もの国があり、世界には196ヶ国もの国があるのに、中国と韓国の2ヶ国がワイワイ言ったからと言って騒ぐことはありません。
隣国だから。経済関係が大事だから。
いろいろ理由はあるでしょう。
政府にとって都合が悪ければ大マスコミに報道させることはありません。
わざわざ「騒いでいるぞ」と報道するのは、国民に知らしめるためです。
半分は真実だとしても、残りの半分を巧妙に操作して、政府と官僚に都合のよい情報を流しています

■経営者 男性
ほんとうにマスゴミの騒ぎたてにはうんざりします。
靖国神社への首相の参拝は、おおいに結構と思っています。
ま、それだけ日本への注目度が高く、世界に対する日本の影響力が高い証拠でもあるのでしょう

■経営者 男性
こんにちは。
いつもメルマガ楽しみに拝読させていただいています。
今回のメルマガのテーマ、非常に共感し、メールさせていただいた次第です。
私も経営コンサルタントとして、現在活動していますが、経営者の皆さんは、等しくこのテーマに関心が強いと感じます。
しかし、従業員階層になると途端にタブー化?しますね。
その手の話には煙たがる雰囲気が流れます・・・。
足元から日本を良くしていくことは、大事なことだと思っています。
なにか小さな変化を起こせないかと、社員さんには良い書籍をお薦めし、その内容をテーマに社内の文化を見直したり、といった、地道な活動を経営改善の現場では継続しています。
田島さんが、現場で心掛けていることがあれば、よかったら参考にさせていただけませんか?
これからも、ますますのご活躍を祈っております。

この記事を共有する

コメントは締め切りました