ホーム / メールマガジン /

新入社員を定着させる「入社初日プログラム」

新入社員を定着させる「入社初日プログラム」

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。

内定し入社日が決まったら、

新入社員エスコート役の先輩社員から

こんなメールが届きます。

「●●さん

 こんにちは。

 ●●株式会社の●●です。

 総務部から●●さんが、

 気持ちよく働けるようにサポートを

 依頼されました。

 ●●さんはこれまで〜だったのですね。

 実は私も〜の経験があります。

 さて●●さんが初出社される〜日ですが、

 〜時に受付前で待っています。

 服装や持ち物は〜でお願いします。

 ●●さんにお会いできることを、

 楽しみにしています。

 ●●」

うーん、

これだけでだいぶテンションが上がりますね。^^

転職経験が2回ある私ですが、

どちらの会社も初日は、

始業の何分前に出社すればいいのかわかりませんでした。

しかも1社はビルにすら入れない。

なかなかの絶望感です。^^;

で、オフィスに入ると、

自分の席に案内されます。

すると既存の社員たちが、

気づいた時に挨拶に来てくれます。

ひと段落したところで机を見ると、

名刺と会社の事業に関連した入社の記念品が

置かれています。

パソコンはすでにメールの設定も済んでおり、

最初の一通は社長からのメールで、

どれだけ期待をしているかが書かれています。

(動画のメッセージもいいですね)

たいていの会社は

入社初日には名刺もメールアドレスも

揃っていません。^^;

正午近くになると、

エスコート役の先輩社員がランチの

誘いに来てくれます。

食事をしながら経歴を聞かれ、

それぞれの同僚がいまやっている

仕事を説明してくれる。

午後になると社長が現れ、

来週ランチを食べる約束をします。

帰宅するころには、

新入社員は会社への帰属意識を感じ、

職場の仲間にとって自分は大切な存在であると

思えるようになるでしょう。

あなたの会社でも、

独自の入社プログラムを作るといいですね。^^

「人材採用マニュアル」購入者専用のチャットワークに、

あとでファイルを送っておきますね。^^

     ↓

https://採用支援.com/

【質問】新入社員の定着率は、何%ですか?

転職すると、自己重要感が下がるんですよねぇ。。^^;

この記事を共有する

コメントは締め切りました