ホーム / メールマガジン /

新型コロナウイルスに対する緊急経済対策

新型コロナウイルスに対する緊急経済対策

by 管理人
この投稿のコメントは受け付けていません。
新型コロナウイルスに対する緊急対応策について

ざくーっとまとめてみました。



1.明日のお金がヤバい人、会社を支援

1)個人向けの小口資金の貸付

 対  象:収入が減り生活に困っている人

 内  容:3ヶ月で最高80万円の貸付(返済不要の場合も)

 相談場所:住んでいる市区町村社会福祉協議会


 収入が減ってすでに生活に困っている人は、

 サラ金やカードで借金するのではなくコレ。

 かなりスピーディに入金してもらえるみたいです。



2)税金支払猶予

 対  象:納税により事業の継続が困難になる法人
     (納税により生活が困難になる個人)

 内  容:1年間の猶予(消費税・法人税など最長6年?)

 相談場所:所轄の税務署(徴収担当)


 納税が苦しい場合はまずは所轄の税務署に相談。

 私は数日前に思いっきり中間納税しちゃいました。。^^;



3)公共料金支払い猶予

 対  象:個人向けの小口資金の貸付制度を利用した家庭

 内  容:電気・水道・ガス・携帯・ネット回線料の支払い猶予(1ヶ月?)

 相談場所:各社に個別に申し出


 うーん、個別の申し出は手間がかかるし、

 1ヶ月の猶予はちょいと微妙ですね。。



4)日本政策金融公庫の特別融資(フリーランスも可)

 対  象:前年同月比5%以上の売上減少している法人・個人

 内  容:融資限度額3億円(個人6,000万円)
      無担保、当初3年間は無利子

 相談場所: 日本政策金融公庫

 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html




2.1〜2ヶ月先のお金がヤバい人、会社を支援

1)思い切った額の現金給付?(所得制限あり)

2)最大9割の雇用助成金(授業員を1人も解雇しない場合)


遅いしセコい。。



3.コロナが収束してからの景気向上策

1)お肉券・お魚券 ^^;

2)高速無料・旅行代金助成

3)エコカー減税・エコポイント?


うーん、利権の巣窟。。

お肉券は食肉同和利権の臭いがぷんぷんしますし、

全国旅行業協会会長は自民党幹事長の二階俊博氏です。^^;

いかんせん露骨すぎやしませんか?(笑



いろいろ思うところはありますが、

使えるものは使って、

このピンチを乗り越えましょう。^^



【質問】どこまで想定、していますか?



うーん、早く収束して欲しいものです。。

この記事を共有する

コメントは締め切りました